So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

子ども手当法案を閣議決定=政府(時事通信)

<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)

 北海道・支笏湖畔の冬の恒例行事「千歳・支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」(実行委主催)が29日開幕する。28日夜は試験点灯され、七色のライトに照らされた大小30基の氷像が浮かび上がった。

【写真特集】光の競演 美しいイルミネーションの数々

 氷像は支笏湖からくみ上げた水を骨組みに吹き付けて制作した。実行委は「今年は雪が少なく冷え込みが続いたため、昼間に見ると氷像の青色が際立っている」と話している。まつりは2月14日まで。ライトアップは午後4時半〜午後10時。【久野華代】

【関連ニュース
写真特集】美しく青くライトアップされた各地の城、東京タワーなどをみる 世界糖尿病デー
【写真特集】長澤まさみ:青い“星空”に包まれ「すてき」 東京ミッドタウンXマスイルミネーション
【写真特集】冬の北海道 遠い春 厳冬の地から〜力強く美しい野生動物の姿
【写真特集】さっぽろ雪まつり2009

「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
「幹事長として頑張れ」「国民へ説明を」=小沢氏聴取控え閣僚から発言(時事通信)
大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉  (産経新聞)
都議補選、自民候補が勝利 小沢氏問題、影響か(産経新聞)
インプラント治療で使い回しか 愛知・豊橋の歯科クリニック(産経新聞)

「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)

 砂の彫刻「砂像」に代表される鳥取市の砂の文化を全国に発信しようと、市内の若者らが「鳥取砂丘砂像連盟」を結成した。日本砂像連盟(本部・鹿児島県南さつま市)に加入し、南さつま市の吹上浜で毎年開かれる砂の彫刻国内選手権への出場をはじめ、地元による砂像制作の技術向上や普及に取り組む。

 鳥取砂丘の砂像制作は約10年前、合併前の旧福部村時代に始まり、平成16年に地元有志による「福部砂像研究会」が発足。アートとしての砂像制作について先進地の南さつま市(当時、旧加世田市)から指導を受けたことから、17年の砂の彫刻選手権に出場した経緯がある。

 砂像を観光の目玉にしようという動きは合併後の鳥取市に受け継がれ、今年は第4期の「砂の美術館」の展示が計画されているほか、昨年は「世界砂像フェスティバル」の開催が実現するなど砂丘を訪れる観光客の増加に結びついている。

 連盟のメンバーは、福部砂像研究会の会員や砂像マイスターを含め計11人。木村和久・市観光協会企画営業部長が会長に選ばれた。

 木村会長は「日本砂像連盟鳥取支部ということにもなり、世界砂像連盟のネットワークを使って、世界のレベルや砂像イベント運営ノウハウを知ることができる。本部をはじめ、国内の他の5支部との交流も進めたい」と話している。

【関連記事】
新酒まろやか「ハネ木搾り」 福岡・糸島酒造
あったかい大寒 島根大生が寒中水泳
切手「ふるさとの花」3月8日発売 郵便会社
鳥取・境港でカニ感謝祭
越冬ナベヅルの観察ツアー 山口・八代盆地

神頼みも身の丈で?さい銭平均25円減る(読売新聞)
「新型」輸入ワクチン、希望は200回分だけ(読売新聞)
生物多様性保全で「生きもの委員会」=COP10へ官民でPR−環境省(時事通信)
かずさアカデミアパーク 経営が破綻 千葉県も出資(毎日新聞)
取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証−足利事件再審公判(時事通信)

「殴られ殺害されていた」と容疑者供述 神戸の女性死体遺棄(産経新聞)

 京都府綾部市の山中で、神戸市中央区の語学学校アルバイト講師、今滝愛さん(33)とみられる遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された中西龍司容疑者(41)が、「今滝さんは殴られて殺害されていた」と供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警葺合署捜査本部は、遺体の遺棄を指示したとみられ、同容疑で逮捕状の出ている中国籍の男(41)が殺害にも関与している可能性が高いとみている。

 捜査関係者によると、中西容疑者と同容疑で逮捕状が出ている無職の男(37)は、平成20年10月末〜11月上旬、中国籍の男に神戸市兵庫区の雑居ビル一室に呼び出された。その際、室内に今滝さんとみられる女性の遺体があり、激しく殴られたような痕があったという。

 また、今滝さんのマンションの防犯カメラの映像を分析したところ、捜索願が出される前日の20年10月30日未明、帰宅直後に外出していたことが判明。外出後は、タクシーで長時間移動していたことも新たに分かった。

 捜査本部は、今滝さんが何者かに呼び出されるなどして外出した後、最終的に兵庫区内のビルに行き、中国籍の男と接触したとみており、交友関係や行方不明になる前後の行動などについて捜査している。

【関連記事】
神戸の女性不明 大阪の男「頼まれ遺体捨てた」京都の山林捜索
供述通り山中に遺体 死体遺棄容疑で出頭の男を逮捕 兵庫県警
「死んでびっくりした」元会社社長の死体遺棄で無職の男
東京・新宿の真冬の怪 排水溝から男性遺体見つかるも… 「におわない」事件性
香川・年配女性の切断遺体、年末年始休業中に遺棄か

<書道>平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)
4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)
<CO中毒事故>パロマ元社長ら無罪主張し結審(毎日新聞)
小沢氏会見 語気強め裏献金否定(産経新聞)
ご注意!キャッシュバック偽装、実質ヤミ金(読売新聞)

<青森ねぶた師>収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)

 日本最大の火祭り「青森ねぶた祭」で、ねぶた師が後継者不足に陥っている。ねぶたのデザインや制作だけでは生活できないためで、ねぶた師20年の竹浪比呂央(ひろお)さん(50)は22日、新たな収益を生み出そうと「ねぶた研究所」を市内で発足させる。「ねぶたに付加価値を付け、芸術としての新たな可能性も模索したい」と、グッズ販売や講習会の開催なども手がける考えだ。

 研究所は、毎年5〜7月にJR青森駅近くに建つ、ねぶたを作る「ねぶた小屋」をイメージした常設の作業小屋。弟子たちが通年でねぶた作りに打ち込めるようにするとともに、観光客がいつでもこれを見学できるようにする。デザインや商品に著作権を設定し、収益につなげることも検討している。

 約350万人の観光客を集めるねぶた祭り。主役は約20台の大型ねぶたで「ハネト」と呼ばれる踊り手とともに街に繰り出す。ねぶた師は現在12〜13人いるが、1台の制作費400万〜500万円の半分以上は材料費などに消え、1台作っても生活は困難だ。病気入院した場合の保障もなく、別の仕事を抱えながら取り組んでいる。

 竹浪さんもそんな一人。最高賞の「ねぶた大賞」を3回受賞し、ねぶたを海外に出陣させるなど活躍しているが、非常勤で薬剤師の仕事もかけ持ちしている。竹浪さんは「情熱だけでは食えない。このままでは途絶える。じっくり後継者を育成し、腕を磨いて新たな収益も見込める研究所にしたい」と語った。【矢澤秀範】

【関連ニュース
無断引用:我妻氏「民法」を大原学園が教材に 遺族が提訴
著作権法:新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に
ダビング10:解除ソフト販売容疑で東芝社員逮捕 全国初
中川副文科相:書籍デジタル化での補償制度など協議へ
ひこにゃん:グッズ販売、終了? 「開国150年祭」3月閉幕で

<火災>住宅が全焼し男性1人が死亡 宇都宮(毎日新聞)
<ハイチ大地震>インド洋津波、阪神大震災の遺児が街頭募金(毎日新聞)
千葉に猪口元少子化相=参院選で7人公認−自民(時事通信)
<三井化学>大阪工場でクエンチオイル漏れ 2人やけど(毎日新聞)
<お別れの会>田中順一郎さん=元三井不動産社長 2月に(毎日新聞)

遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)

 角川文化振興財団は22日、7〜9世紀に中国大陸との間を往復し、最先端の技術や文化を日本に持ち帰った遣唐使船を再現するプロジェクトを発表した。4月24、25の両日、「平城遷都1300年祭」の一環として奈良市内で船をめぐるシンポジウムを開催した後、再現船は5月15日に大阪港を出港。実際に航行したとされる瀬戸内海を経て、6月中旬に中国の上海万博会場に着く予定。

 船は中国で建造中で、3月末に完成する。日本側のゼネラルプロデューサーを務める角川歴彦・同財団理事長は「遣唐使船は世界史で他に例を見ない、戦争によらず行われた文化交流。空海をはじめ当時の人たちは危険を顧みず、知識をひたすら求めた。いま再現することが日中関係にとって大切だと思う」と語った。

【関連ニュース
上海万博:「日本館」で最先端技術を展示 世界初公開含め
上海万博:子パンダ10頭公開、“人寄せ”に期待
雑記帳:道頓堀「大たこ看板」上海万博へ
上海万博:日本館が完成 最先端のエコ技術、各所に
上海万博:「排出ゼロ」未来都市展示…環境の日本売り込め

<阪神大震災>09年の孤独死62人(毎日新聞)
<ハイチ大地震>日本政府、500万ドルの緊急無償資金協力(毎日新聞)
志望校を外さない! 余部鉄橋「合格ナット」発売 兵庫・香美(産経新聞)
郵便不正事件 27日に村木被告の初公判(産経新聞)
阪神大震災追悼式典に雅子さまご出席(産経新聞)

外国人参政権は三党合意ではない亀井金融・郵政改革担当相(レスポンス)

亀井金融・郵政改革担当相は15日、「外国人参政権は与党三党の連立政権合意に入っていないので、この問題を取り上げていくならそれぞれの党できっちりと議論をするというところからはじめなければならない」と、改めて永住外国人への地方選挙権付与法案に反対する意向を示した。

亀井氏は、会見の冒頭で記者の質問さえぎるようにして話し出した。

「日本国はかつて支配して、それによって朝鮮半島におられる方々がある面で屈辱的な思いをされてきた。そうした過去の不幸な時期があったことについては、日本として率直におわびをする気持ちがなければならないと思っている。このことと日本で生活しておられるそうした方々について、参政権を付与することは別の問題である」

亀井氏は反対の理由として、参政権は憲法上の固有の権利として規定されていることをあげた。永住外国人に参政権を与えるならば、憲法との関係を念頭に慎重に考えていくのが当然だとする。

また、参政権を望む外国人に対して「日本で参政権を行使したいという外国籍の方が、そこまでして参政権を持ちたいという気持ちを持っておられるのであれば、帰化して行使する道を選べばいいのではないかと思っている」と帰化を勧める一方で、日本としても「帰化の要点、手続きを合理的なものにしていくという努力をしていくべきだろうと思う」と、話した。

この話題の中で、亀井氏は十三回忌の近づいた故新井将敬代議士の自死直前の交流の思い出を語りながら、「かつて日本の支配を受けた人の日本に対する思いはいろんなことがあると思いますよ。しかし、そのことを参政権の付与という形で対処すべきではないと思う」と、再度繰り返した。

亀井氏と新井氏の交流は深く、当時、亀井氏は彼の遺言を持っていると語っている。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
坂本龍馬特集ぜよ ゼンリンがいつもNAVIで配信開始
2009年の輸入車ブランド別販売台数、フォルクスワーゲンが10年連続トップ
新日石、八戸にLNG輸入基地を建設へ
金融庁 特別編集

市役所に迷惑メール20万通、兄弟を逮捕(読売新聞)
東京・大手町 ドミノ方式で目指す国際化(産経新聞)
<戦闘ヘリ>受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
腰抜けではない!民主議員が産経コラムに反論(産経新聞)

<花粉>2月上旬〜中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会(毎日新聞)

 日本気象協会は19日、今春のスギやヒノキの花粉飛散予測を発表した。飛散が始まる時期は、多くの地域で例年(過去10年の平均)に比べて10日程度早い2月上旬〜中旬ごろとなる見込み。飛散量は例年に比べ、少ないか非常に少ない所が多いという。

 同協会によると、昨夏は全国的に日照時間が少なく、降水量が多かったため、花粉を作る花芽の生育状態が悪いという。飛散開始時期は▽九州中国四国東海2月上旬〜中旬ごろ▽近畿2月中旬ごろ▽北陸2月中旬〜下旬ごろ▽関東甲信2月上旬〜3月上旬ごろ▽東北2月中旬〜3月上旬ごろ。

【関連ニュース
花粉情報:来春は「少なくなる見通し」 環境省が発表
スギ・ヒノキ花粉:来春「少なくなる見通し」 環境省が予測
スギ花粉:今春、平年の3分の1程度 /静岡
スギ花粉:飛散来春予測 今春の3分の1、ピークは3月中旬 /石川
ニュース交差点:社会 花粉、来年は少なめ

羽田管制トラブル復旧 日航は15便引き返し・欠航、3千人影響(産経新聞)
「借りたカネは返すな! 」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑−さいたま地検(時事通信)
自民、千葉選挙区に猪口氏擁立へ(産経新聞)
雪崩でツアー客1人死亡=山スキー中巻き込まれる−北海道・尻別岳(時事通信)
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)

特捜部執念の捜査 「国民を欺いている点で悪質」 (産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は15日夜、小沢氏の元秘書で会計事務担当だった衆院議員の石川知裕容疑者(36)らの逮捕に踏み切った。昨年3月の公設第1秘書の逮捕以来、小沢氏側の不透明な資金について、執念の捜査を続けてきた特捜部。捜査の経緯や狙いを追った。

 ■批判をバネに

 特捜部が初めて小沢氏側の強制捜査に着手したのは西松建設の違法献金事件を立件した昨年3月。

 その際、民主党側だけでなく、身内の検察OBからも「衆院選が近い時期になぜ着手するのか」「表のカネだけで逮捕するのか」などの批判が渦巻いた。

 特捜部は“逆風”を受けながらも、その後もヤミ献金など小沢氏周辺の「裏のカネ」を探る捜査を継続。その過程で浮上したのが、小沢氏の資金管理団体「陸山会」が平成16年10月に購入した東京都世田谷区の土地をめぐる疑惑だった。

 昨年7月には、国発注の胆(い)沢(さわ)ダムの下請け工事を受注した水谷建設元幹部らから、土地購入と同時期に5千万円を石川容疑者に渡したとの供述を得て、ダム工事を受注した各社の裏献金が土地代金の原資になった疑いがあるとの見方を強めていった。

 ■逮捕か在宅起訴か

 購入原資の特定には当時、資金移動に直接関与していた石川容疑者の供述が焦点となり、昨年12月、特捜部は石川容疑者の任意聴取に踏み切った。

 しかし、石川容疑者は「小沢先生のたんす預金」「記載を忘れていた」などと虚偽ともとれる供述を続け、今月13日に陸山会などが一斉捜索を受けた後の3回目の聴取でも、その対応は変わらなかった。

 また、小沢事務所が土地代金の原資について、定期預金を担保にした融資で支払ったと虚偽の説明を報道機関に展開し、土地代金の原資を隠すための偽装工作が発覚。これに加え、小沢氏も5日の聴取要請を「忙しいから」などと無視し続けた。

 この事態に、任意での捜査を慎重に進めるべきだとする上級庁に対し、特捜部は石川容疑者らの逮捕を強く迫った。検察内部では石川容疑者らの刑事処分をめぐって判断が分かれた。

 だが、小沢氏の聴取拒否や石川容疑者の虚偽説明などが風向きを変えた。逮捕に慎重だった上級庁も「全容解明には石川容疑者らの逮捕が必要」と一致したのだ。ある検察幹部は「捜査に協力的ではない小沢氏側の対応で、検察内の雰囲気が変わった」と話す。

 陸山会の不動産問題では「隠し資産を所有している」との週刊誌記事をめぐって、小沢氏が出版社を訴えたが、20年6月の高裁判決で「前提事実の重要部分は事実」として1審に続いて小沢氏の請求が棄却されている。

 こうした経緯からも、ある幹部は「不動産問題がこれほど問題視されている中で、小沢氏側は一貫して融資で購入したと説明してきた。国民を欺き続けている点で悪質だ」としている。

【関連記事】
小沢氏の「名代」大久保容疑者と、石川容疑者の“後輩”池田容疑者
石川容疑者、帝国ホテルから任意同行し逮捕 どこまで「親分」に迫れるか
石川議員逮捕を海外メディアが速報
石川逮捕 「くやしい」「小沢も危ない」民主党に衝撃走る
石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 

無党派層と女性の「民主離れ」が顕著に(産経新聞)
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
虐待死の母、起訴内容認める(産経新聞)
東京地検が石川議員を夜から異例の聴取、4億円不記載疑い(産経新聞)
内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加−時事世論調査(時事通信)

食パン2袋から針=13日にも同店舗で3本−三重(時事通信)

 18日午後7時55分ごろ、三重四日市市富州原町の大型スーパー「ジャスコ四日市北店」の関係者から、「陳列された食パンに金属探知機が反応した」と県警四日市北署に通報があった。同署が調べたところ、食パン2袋から縫い針2本が見つかり、同署は偽計業務妨害容疑で捜査している。
 同店では、今月13日に陳列された刺身1パックと菓子パン2袋から縫い針3本が見つかっており、同署が関連を調べている。 

【関連ニュース
刺身と菓子パンから針=三重
つみれ汁にも針混入=同じスーパーで3本
スーパー、専門店が値下げで連携=2万3000店が5日間
ネットでホテルにカラ予約=2万8000室か、ポイント目当て-2人逮捕・警視庁
JRで「脱線事故」と虚偽通報=業務妨害容疑で19歳逮捕

<がん細胞>悪性化の仕組み判明 群馬大(毎日新聞)
寛仁さまが転院(時事通信)
法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官(産経新聞)
「君もヒルズ族に」学生コロリ…契約内容理解せず(読売新聞)
バットで殴り連続路上強盗、バイクの4人組(読売新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。